ブルーベリーが健康に良いとは?働きを知れば試したくなる

ブルーベリーがあなたを健康に導く

ブルーベリーとは、ツツジ科スノキ属に分類されるアメリカ北部原産の落葉低木果樹で、実が美しい青紫色に熟することからその名前が付けられました。

20世紀に誕生した果実ブルーベリー、日本でブルーベリーが認知されはじめたのは70年代頃です。そのあたりから日本国内での栽培が徐々に増え始め、今ではジャムやヨーグルトなど世の中で広く認知され、誰もが知る果実となりました。

熟した実は非常に濃い紫色で、「アントシアニン色素」と称される水溶性の色素が含有されています。

このアントシアニン色素は「目の健康に効果がある」とここ数年言われ始め、目を酷使する方々から注目を集めはじめました。

アメリカ合衆国が原産のブルーベリーは、大昔、ネイティブアメリカン(アメリカ合衆国の先住民族の総称)によって食されてきました。

19世紀中期まで、野生のブルーベリーは土地権利に関係なく自由採集されていましたが、1865年頃、軍隊に果実が与えられ始めたことをきっかけに食品として商売対象になりました。食品として高需要となり、ブルーベリー株の管理も進み栽培化が整備され、全世界へも広がりました。

世界中にブルーベリーの名が高く認知され始めたのは、第2次世界大戦中のとある事が始まりです。

ブルーベリージャム好きの英空軍の優秀なパイロットが、日々ブルーベリージャムをたっぷりとパンにつけて食していたところ、その英空軍パイロットが、夜間飛行の最中に「薄暗くなった中でも克明にあたりの景色が見えた」と話したのを皮切りに、伊、仏の学者たちがこぞって研究を始めました。

その結果、アントシアニン色素がヒトの目の働きを良くするということが発見され、今では「ブルーベリー=目に良い」が当たり前になりました。

日本でも、目の健康に良い果物として認識されている人が多いと思いますが、じつはこの果物、決して目に良いだけの食べ物ではありません。その他にも優れた健康効果を持ち合わせています。

ブルーベリーは、植物繊維が豊富に含まれている果物です。

食物繊維とは、人間の健康にとても役に立つ栄養素のひとつで、この栄養素は腸の中にある余分なものを体外に排出する働きがあります。

バナナやミカンやイチゴなどにも食物繊維は多く含まれていますが、果物の中でもブルーベリーは特に食物繊維の量がたくさん含まれています。

その理由は、果物の皮の部分に秘密があります。

じつは、果物の皮に中に食物繊維が豊富に含まれていて、バナナやミカンは皮ごと食べませんが、ブルーベリーは皮ごと食べれるので食物繊維がたくさん摂れます。

お腹の健康のために食物繊維がたくさん摂れるブルーベリーはおすすめです。

また、ある研究結果でブルーベリーは体力の衰えにも効果があるとわかりました。

ネズミを使った実験で、それぞれにイチゴやほうれん草、ブルーベリーを与えて専用のランニングマシーンで運動させる実験を行ったところ、ブルーベリーを食べたネズミが一番運動時間が長かったそうです。

この実験結果から、体力の衰えに有効的な働きがブルーベリーにはあると言われています。

さらに、ブルーベリーは高血圧を予防する働きがあります。

高血圧になると心臓病や脳卒中など重い病気を引き起こす原因になりますが、これも動物を使った実験で高血圧を防ぐことが立証されています。

ブルーベリーに含まれる健康成分が高血圧を抑え、その血液が固まる原因となるコレステロール値を下げる働きがあります。

ブルーベリーには、血糖値を抑える働きもあります。

人間が体の中で必要なエネルギーを生産するためには、糖分が不可欠です。

細胞の中に糖分が取り込まれて、はじめてエネルギーが生産されます。この糖分を細胞へ取り込むために活躍するのがインスリンと言われるホルモンです。

このインスリンが減少したり、全く機能しなくなると「糖尿病」になります。

このインスリンホルモンの働きが無くなると糖分が血中から細胞に届かなくなり、血液の中で糖分が溢れてしまいます。その結果、細胞は糖分が得られずにその活動を止めてしまいます。

糖尿病は予防や治療を怠ると死に至る恐ろしい病気です。

この病は血糖値を以下に抑えるかが重大なカギになります。ブルーベリーは血糖値を抑える働きが高いとされ、まだその健康効果について詳しい仕組みが解明されていませんが、ブルーベリーを食べるだけで血糖値を抑えられるのなら良いと思いませんか?おすすめです。

花粉症アレルギーにも有効

春先から少しずつ暖かくなってきたこの時期、日本中で騒がれるのが「花粉症」です。

そんな花粉症でお困りの方に朗報です。ブルーベリーには、この症状を抑える働きがあります。

花粉症とは、目のかゆみやくしゃみ、鼻づまりや鼻水のアレルギー反応を起こす症状です。

花粉症は、体内に存在する免疫が原因です。

免疫が外部から侵入する様々な病原菌や異物から体を守る働きをしてくれます。

この時、免疫が花粉を異物と間違って判断してしまい、体外に出そうと働きます。その防御する過程で体の中では、ヒスタミンという物質が生産されます。

このヒスタミンが花粉症アレルギーを引き起こす原因そのものです。

ある研究者が2匹のマウスを使い、片方には一般的なエサを与え、もう一方にはエサにプラスしてブルーベリーを与える実験を行ったところ、ブルーベリーを与え続けたマウスは花粉症になりにくいと研究結果が発表されました。

ブルーベリーの中に含まれるビルベリーが、花粉症の原因となるヒスタミンの量を減らす働きがあるとされ、このことからアレルギーを抑える働きがあると言われています。

毎年、花粉症で悩まされている人はブルーベリーを試してみましょう。

ブルーベリーは育てやすく、場所もとらず、手軽に楽しめる小果樹です。生食のほか、ジャムやホームメイドのスイーツなどにも使えます。
出典:https://www.shuminoengei.jp/

健康成分はサプリメントから摂れる

サプリメントと薬の違いとは

サプリメントと薬の違いとは

サプリメントと薬の違いは、その入手方法と効果に違いがあります。薬の場合、お医者さんから処方されなければ入手できません。

特定の症状や病気に効果や効能があると国が認めたもので「このような効果・効能がある」ということを記載することが出来、治療を目的として処方されるものです。ドラッグストアなどで購入できる薬にも効果効能を記載することができます。

それに対してサプリメントは、ドラッグストアや通販などで気軽に購入することが出来ます。あくまで不足分を補うことで事前に病気などになりにくくするためのもので、食品というくくりになります。そのため、商品に「このような効果・効能がある」ということを記載することは法律で禁じられています。

いわゆる健康食品には、医薬品と誤認されるような効能効果を表示・広告することはできません。
いわゆる健康食品は、医薬品と違い、病気の治療・予防を目的とするものではありません。病気の治療や予防に役立つことを説明したりほのめかしたりする表示や広告を行っている製品は、「医薬品」と判断します。外国語で記載されていても取り扱いは同じです。疾病の治療や予防効果の表示・広告は、医薬品としての承認を取得して初めて可能になるものなのです。いわゆる健康食品には、栄養補給や健康の維持など一般的な食品の範囲の目的しか持たせることができません。
出典:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

サプリメントでアンチエイジング おすすめ成分

「アンチエイジング」といえば、スキンケアというイメージがありますが、若々しさや美しさをキープするには体の中からもケアする必要があります。しっかりと美肌に良い栄養素を摂り続ける事が大切ですが、毎日の食事で十分な量を補うのは難しいと感じる方が大半です。

このような時はサプリメントを利用してみましょう。サプリメントであれば、食事で補いにくい美容成分も手軽に補給する事ができます。

アンチエイジングケアに取り入れたい栄養素はいくつかあり、中でもおすすめなのが「ビタミンE」です。ビタミンEは、別名「若返りビタミン」とも言われるくらい、アンチエイジング効果に優れた栄養素です。

優れた抗酸化作用があり、細胞レベルで老化を促進させる活性酸素を、除去する効果が期待できます。

DHA・EPAのサプリメントについての考察

野菜を中心とした食生活を送っているという方は少なくないでしょう。健康生活を意識している方なら、サプリメントなどの健康食品で必要な栄養素を補給している方も多いと思います。

最近では、DHA・EPAの成分が入るサプリメントが大人気で、健康はもちろん美容効果もあるようでとくに女性からは大注目されているようです。女性は美容を保つためには健康な体を維持しなければなりませんから、アンチエイジングを目指す方はプラセンタと一緒にDHAやEPAを摂るようにしましょう。

どちらもサプリメントなら、簡単に摂れるからいいと思います。

最近物覚えが悪くなった、健康のために生活習慣を見直したい……年齢に伴ってこうした悩みを意識し始めた、という方は多いのではないでしょうか?そんな方にご紹介したいのが「オメガ3脂肪酸」です。この脂肪酸は身体のあちこちに作用するアンチエイジング効果があります。
出典:https://wadacalshop.jp/

酵素が健康へ導く

野菜には酵素がたくさん入っている

酵素がたっぷり含み野菜

今回は酵素がたっぷりと含まれる「野菜」についてお話します。こちらも果物同様、毎日できれば食べたいものですね。

セロリやレタス、キャベツなどは一級品の野菜で酵素がたっぷりと含まれております。ですが、これらは体を冷やす効果があるので冷やさないように気をつけないといけません(しょうが、ねぎなどは体を温める要素があるので取りいれましょう)。

生の野菜ならサラダとして食べることができるので簡単です。奥さんがいれば用意してくれるけど、独身者だと難しいかな。毎日の食事の中に熱を加えない野菜、サラダなどを食べるように工夫しましょう。

食べ過ぎ、飲み過ぎで体内での消化が忙しくなると、消化酵素が大量に使われます。その分、代謝酵素が減り、疲れやすくなったり、体がむくんだり、風邪をひきやすくなったりします。つまり、生き生きとした体を保つには酵素をムダ使いしない、不足させないことが大切なのです。そのためには暴飲暴食をひかえ、食べるものはよく噛かむこと。そして毎日の食生活から酵素を取ることが必要です。
出典:http://www.mcp-saitama.or.jp

酵素は健康食品からがおすすめ

「酵素」という成分が注目をされはじめて、酵素を健康のために摂ろうという方がたいへん多くなってきました。人間の体にとても必要なもので、無くてはならない役立つ成分なのですが、この酵素は人の体内で作ることができないため外部から摂取するしかないという問題があるのです。

食品の中にも酵素を含むものはたくさんありますが、食品ですと熱に弱いため調理の段階で酵素成分が破壊されてしまうのです。

ですから、簡単に摂れるサプリメントなどの健康食品がおすすめされているのです。その種類には、飲みやすい飲料タイプやタブレットタイプなどが豊富にありますから選び放題です。

健康のために酵素を摂る習慣をつけましょう。

酵素は健康とダイエットに効果的

酵素は健康とダイエットに良い
「酵素」を摂ることでダイエットにもなります。消化酵素が活発になって、体内の部位(胃や腸など)に負担がかからないようになるのです。

便秘にもならないようになるし、代謝も上がりきれいに体重が減るようになるのです。酵素が体にかかる負担をやわらげる効果を発揮するので、ダイエット効果をサポートしてくれるのです。

最近流行の「酵素ドリンク」は置き換え方法ですが、酵素のパワーがはっきりとわかっているから置き換えを強く押していることなのでしょう。健康とダイエット効果のためにも積極的に飲んでもいいと思います。

酵素ってホントにスゴイものなのです。

酵素ドリンクって何?

酵素ドリンクとは、野菜や果物などから厳選された天然素材で作られた「酵素液」のことです。そして濃縮された酵素がたっぷり入っています。この酵素を培養するには砂糖が必要ですが、酵素ドリンクは黒糖などを使用して酵素を培養しているのです。

この黒砂糖にはビタミンやミネラル、酵素も豊富に含まれており、より効果が高く栄養価の優れた酵素飲料になるのです。酵素ドリンクによる断食ダイエット方法は、バランスの取れた栄養価を持つ酵素液を使って行うので一般の無理な断食ダイエットと違い、健康や美容を損なうことなくキレイに痩せることが出来ると言われています。

また、このように栄養価が高くバランスが良いので、ダイエットの障害になる肌荒れや体調不良など、副作用の心配も無いのが大きな特徴なのです。また、その他の効果として、便秘や乾燥肌などの解消効果もあります。

このようにダイエットとその他のプラス効果で美しくキレイに痩せることが出来るということなのです。

河内白麹菌の天然酵素を壊すことなくそのまま抽出。さらに酵母の発酵による豊富なアミノ酸を加えて「麹の華」は完成しました。麹のもつ不思議な健康パワーで、毎日イキイキ元気に。
出典:https://www.kawauchi.co.jp/