彼氏欲しいアラサーの出会いを応援、まずは心と体を健康に保つ

アラサーを迎えたにもかかわらず、道を歩いている時、かなりの確率でキョロキョロ周囲を見ている方は、要注意です。

満たされている方はまずキョロキョロしません。ですが、別にいいですよね。考えているだけでは相手はみつかりませんから。

彼氏欲しいアラサーのキョロキョロ女性の始め行動は自分自身の見直しです。

自分で自分を好きにならなければ人には好きになってもらえません。自分を愛するためには、素敵な自分になることから始めてみませんか。

何か目標に向かって頑張っていたり、自分磨きをして努力する姿は、他人が見ても素晴らしいです。

自分に自信をつけることができれば、誰かが愛してくれるでしょう。何かに頑張っている姿は人を惹きつけます。相手がそんな姿に惚れてくれる可能性も十分にありますので、まずは頑張ることから始めましょう。

自己愛は悪い意味に使われやすいですが、それは過剰な場合です。適度の自己愛がないと己からオーラが一切出ませんので、誰も近寄ってきません。

自分に自信がもてない女性というのは、恋愛経験がない、または恋愛の失敗を繰り返した経験から自信をなくしていることが多いもの。決して自分だけを責めずに、自信を持って恋愛する方がうまくいくはずです。
出典:https://www.cosme.net/

彼氏欲しいときは内面も外見も磨こう

彼氏欲しいなら、内面も外見もしっかり自分を磨いて魅力あふれる女性でいましょう。アラサーだからと諦めてはいけません。まずは外見からです。女性の場合、見た目が少し変わっただけでもだいぶ印象が違いますから、太り過ぎず痩せ過ぎずの女性らしい健康体型作りを意識しましょう。

では、女性らしい健康体型とはいったいどういうことでしょうか?目指すは、ポッチャリ女子です。多くの女性は自分のスタイルを気にし、体型を出来るだけ細く見せるために無理目なダイエットをしがちですが、実は多くの男性が肉付きの良いポッチャリとした女性を好みます。

男性は、見た目が不健康なガリガリに痩せこけたドクロタイプな女性よりも、見た目が健康的な魅力あふれるポッチャリとした磯山さやかタイプの女性を好む傾向です。

確かに少し細身で出るところもちゃんと出るようなボンキュンボン体型が女性の持つ理想的なスタイルでしょうが、それはそれで大変な努力が必要です。

そして、努力してもどうにもならないのがほとんどです。ほとんどのアラサー女子は学生時に比べ基礎代謝が衰えてきていますから、なおさら大変です。

ですが、ポッチャリは違います。努力すれば愛されるポッチャリ女子になれます。

でも、何の努力もせずに愛されるポッチャリ女子にはなれません。体型を維持するために食事のバランスを考えコントロールし運動も必要です。ですから、ただ程良く太るのではなく理想のポッチャリ体型を作るために努力が要ります。

時には、バストアップのためのマッサージを受けたり、インナーマッスルを鍛えたりして健康的な女性らしい体型を目指しましょう。

そして、外見ばかり磨いていても中身が無いアホな女性ではいけません。様々な知識を広げて内面磨きをしましょう。知識を広げるとは、専門的に学ぶような勉強に限ったことだけではありません。

世の中で起こる様々な問題に目を向け、それを理解し自分なりに解釈ができれば知的な女性として自分磨きになります。本を読んだり、海外旅行もおすすめです。知らない世界の知識を深めれば、あなたの考え方や人との会話が広がります。

彼氏欲しいときは信頼できる友人をたくさん持つ

彼氏欲しいときにおすすめの方法が、信頼できる友人をたくさん作るということです。男性でも女性でもよいので、信頼できる友人をたくさん作って、ネットワークを広げることで、出会いのチャンスが増えます。

ここで重要なのは、信頼できない人はむしろ排除するということです。付き合ってプラスになるような人を友人に持つようにしましょう。人を選ばずに付き合っていたのでは、時間の無駄になりますし、かえってマイナスになることもあります。

信頼できない人でも、なるべく敵は作らないようにしましょう。相手を不快にするような断り方はNGです。人付き合いの上手な人は、嫌な人から誘われたときの断り方も上手です。コミュニケーション能力を向上させるための努力もしておきましょう。

彼氏欲しいときは一人がさみしく感じたとき

普段は彼氏欲しいとはあまり思わなくても、アラサーを迎え、あるタイミングで彼氏欲しい気持ちが突然強く芽生える日が突然やってきます。例えば、一人暮らしの人は仕事が終わって家に帰ってきた時には、部屋の中が真っ暗で、誰も帰りを待っていない状態なわけですが、これが毎日のように続き、クリスマスや自分の誕生日もこういった状態だと、ふとさみしくなってしまい、彼氏欲しいって叫びたくなってしまいます。

相手がいれば、仕事から帰ってきた時に部屋が明るい状態であったり、駅などで待ち合わせて食事に行くといったこともできますから、一人でいる時間が少なくなって、さみしさを感じなくなるものです。ですから、相手がいない人は、クリスマスまでに相手を作ることを目標にしてイベントに参加したりするのも良いでしょう。