健康成分はサプリメントから摂れる

サプリメントと薬の違いとは

サプリメントと薬の違いとは

サプリメントと薬の違いは、その入手方法と効果に違いがあります。薬の場合、お医者さんから処方されなければ入手できません。

特定の症状や病気に効果や効能があると国が認めたもので「このような効果・効能がある」ということを記載することが出来、治療を目的として処方されるものです。ドラッグストアなどで購入できる薬にも効果効能を記載することができます。

それに対してサプリメントは、ドラッグストアや通販などで気軽に購入することが出来ます。あくまで不足分を補うことで事前に病気などになりにくくするためのもので、食品というくくりになります。そのため、商品に「このような効果・効能がある」ということを記載することは法律で禁じられています。

いわゆる健康食品には、医薬品と誤認されるような効能効果を表示・広告することはできません。
いわゆる健康食品は、医薬品と違い、病気の治療・予防を目的とするものではありません。病気の治療や予防に役立つことを説明したりほのめかしたりする表示や広告を行っている製品は、「医薬品」と判断します。外国語で記載されていても取り扱いは同じです。疾病の治療や予防効果の表示・広告は、医薬品としての承認を取得して初めて可能になるものなのです。いわゆる健康食品には、栄養補給や健康の維持など一般的な食品の範囲の目的しか持たせることができません。
出典:http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/

サプリメントでアンチエイジング おすすめ成分

「アンチエイジング」といえば、スキンケアというイメージがありますが、若々しさや美しさをキープするには体の中からもケアする必要があります。しっかりと美肌に良い栄養素を摂り続ける事が大切ですが、毎日の食事で十分な量を補うのは難しいと感じる方が大半です。

このような時はサプリメントを利用してみましょう。サプリメントであれば、食事で補いにくい美容成分も手軽に補給する事ができます。

アンチエイジングケアに取り入れたい栄養素はいくつかあり、中でもおすすめなのが「ビタミンE」です。ビタミンEは、別名「若返りビタミン」とも言われるくらい、アンチエイジング効果に優れた栄養素です。

優れた抗酸化作用があり、細胞レベルで老化を促進させる活性酸素を、除去する効果が期待できます。

DHA・EPAのサプリメントについての考察

野菜を中心とした食生活を送っているという方は少なくないでしょう。健康生活を意識している方なら、サプリメントなどの健康食品で必要な栄養素を補給している方も多いと思います。

最近では、DHA・EPAの成分が入るサプリメントが大人気で、健康はもちろん美容効果もあるようでとくに女性からは大注目されているようです。女性は美容を保つためには健康な体を維持しなければなりませんから、アンチエイジングを目指す方はプラセンタと一緒にDHAやEPAを摂るようにしましょう。

どちらもサプリメントなら、簡単に摂れるからいいと思います。

最近物覚えが悪くなった、健康のために生活習慣を見直したい……年齢に伴ってこうした悩みを意識し始めた、という方は多いのではないでしょうか?そんな方にご紹介したいのが「オメガ3脂肪酸」です。この脂肪酸は身体のあちこちに作用するアンチエイジング効果があります。
出典:https://wadacalshop.jp/

サプリメントや健康成分について

関節痛にサプリメントのすすめ

関節痛とサプリメント

関節痛に効果があるといわれるサプリメントについてです。関節痛とはズバリ言って、その多くは年齢から来る老化現象が原因なのです(歳を取ると体のあちらこちらが故障するアレです)。この関節痛というものは、間接にある軟骨というポイントどころが徐々に磨り減っていき、骨同士のケンカがはじまってしまって起こる痛みなのです。

ですから、この軟骨を復活再生させることが必要で、そのためにサプリメントが重要な働きをしてくれるのです。

いくつかご紹介したいと思います。

おすすめ
・日本薬師堂のグルコンEX錠
・小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット
・アサヒのグルコサミンEX

この三つの商品は口コミサイトでとても評判がよかったサプリメントでしたね。関節痛に悩まされている方は、是非試してみてください。効果には個人差があることもお忘れなく。

念のため以下の情報も。

関節痛のためのサプリメントに注意(フランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)が注意喚起)
ANSESは、関節痛のためのサプリメント(グルコサミンやコンドロイチンを含む)の摂取が原因で肝炎となったと考えられる症例が2例あったと報告しています。
ANSESは、今後、これらのサプリメント摂取によるリスクについて評価を行う予定です。
出典:http://www.fsc.go.jp/

DHA・EPAは「うつ病」に有効な成分

EPAはうつ病の予防や対策に、たいへん有効な成分だと言われています。うつ病になる人の多くは、このEPA成分が体内で不足しているからだとも言われています。

青魚を食べたり、サプリメントを摂取すると血液中のアラキドン酸の比率が少なくなるため、うつ病の改善効果が期待できます。うつ病の人は、セロトニンという生理活性アミンの分泌量が少ない傾向があります。

セロトニンが分泌されると、リラックスした気分になりストレスを蓄積しにくくなります。DHAを摂取するとセロトニンの分泌が促進され、うつ病特有の不安感が解消してリラックスすることができるのです。

サントリー健康科学研究所(所長:柴田浩志、京都府相楽郡精華町)は、国立長寿医療研究センター・NILS-LSA活用研究室(室長:大塚礼、愛知県大府市)の疫学データの解析により、エイコサペンタエン酸(以下EPA)・ドコサヘキサエン酸(以下DHA)摂取によるうつ傾向リスクの低下を確認し、2017年日本疫学会(2017年1月25日~27日、山梨県)にて発表しました。
出典:https://www.nikkei.com/

酵素液ドリンクの体験談

酵素摂るならジュースがおすすめ

酵素液にサンキューベリーマッチ

酵素液 美味しく飲めてイイね
飲みやすさに一票
東京都在住 藤田紀美子 (29才)

学生時代は運動クラブに所属していましたので、普段あまり食事のことは気にせず生活をしていました。結構な量食べてしまっても運動していたおかげなのか、太ったことが無かったんです。

ところが社会人になり運動しなくなったころから激変、食べたものはすぐに体重に変わってしまうようになりました。会社勤めになると時間もあまり取れないこともあり、あれほど好きだったスポーツも全くといっていいほどやらなくなったのです。

社会人になってから、5年で体重は10キロ以上増えてしまい「これではいけない」と思い私のダイエット生活が始まりました。今まで「痩せよう」と一切考えたことがない私は、ダイエットが特集される本を買いあさり、それらを参考にしてイイとこ取りといった、自分勝手なダイエット方法をはじめてしまいました。

「炭水化物を一切摂らない」
一番最初にチャレンジしたのは、ご飯やパンを一切食べないという「炭水化物を一切摂らない」という方法でした。今でこそ考えられないダイエット方法ですが、確かに糖質(炭水化物)を摂らない=糖分を摂らないから痩せる、というふうに楽天的に考えていたのです。

炭水化物を食べないと、数日で体重はみるみる落ちるのですが、とにかく動きたくなくなるのです。元気がなくなるというか、カラダを動かすことが辛く感じるようになりました。「まぁ、痩せるんだったら仕方が無い」と、自分に言い聞かせながら続けていましたが、何となく不健康な感じがしていたのです。

3ヶ月ほど続けてみましたが、最後は会社に行くことさえ辛くなってしまい止めてしまいました。おかげで、一番怖かったリバウンドをしてしまい、以前よりも体重が増えてしまいました。それも体脂肪率もかなり増えていて、これにはショックを受けました。

本来なら、このショックの影響で食事も更に気をつけなければいけないところなのですが、私の場合、以前よりも満腹感がなくなったようになり、いくら食べてもお腹一杯になる感覚が失われていたのです。それは以前より太るわけですよね。

食べることで太った自分を慰めているような感覚になっていたのですから。そうこうしているうちに、少しずつ運動するように心がけ通勤にもひとつ前の駅で降りてなるべく歩くようにしました。それでもリバウンドした分が減った程度でそれ以降は全然変化無し。

半年以上も歩き続けましたがそれ以上の効果はありませんでした。

専門家の警告、食事は「炭水化物抜き」が一番危ない(週刊現代)
「即効性がある」とブームが続く糖質制限ダイエット。だが今、その安全性に警鐘が鳴らされ始めた。その時、体の中で何が起こるのか。手遅れになる前に知っておきたい、超人気ダイエットの真実。
出典:https://gendai.ismedia.jp/

次に始めたのが「バナナダイエット」
これはいたって簡単で、とにかくバナナだけを食べるダイエット法です。これではバランスが悪いんじゃないかと、ビタミン類などはサプリメントを飲むようにしていました。

この方法、確かにご飯やパンのダイエットのときに比べ、あんまりお腹は空かないし、あのときのような「動きたくない」ということもありませんでした。「これはいいかも」最初はそんなふうに思えました。

ところがこの方法、2週間もしないうちに飽きてしまうのです。何か物足りない、何となく落ち着かないという感じが続いていました。

これを続けていたらカラダの調子が悪くなってしまうんじゃないかと、そんなふうに考えてしまうくらい気持ちが追い込まれてしまいました。このバナナダイエットも失敗に終わった私は「もう痩せるのは無理」と、その後は半分諦めていました。

それでも「これは効果がある」と話題になるダイエット法は短期間でしたがいろいろと試してみました。けど、結局全然効果なし。いつも途中で挫折してしまう自分自身に嫌気がさすほどに。

そんな時、私の妹が少し見ない間に痩せてキレイになっていたんです。3ヶ月前に会ったときよりスマートになり可愛くなっていたのです。

「どうしたの?ものすごく痩せたんじゃない?」「でしょ8キロ減」その言葉にびっくりの私「どうやって痩せたの?」としつこく問い詰める私に妹は「そんなにダイエットしてるわけじゃないけど」、「じゃあ運動始めた?」妹は首を横に振るだけ「教えてよ、お願いだから」と「お姉ちゃん、酵素ダイエットって聞いたことない?」「何、そのこうそダイエットって」「今度、うちに帰ってきたら飲ませてあげる」ということになり、私はその日のうちに実家へ妹と一緒に帰ることにし、そこで妹が持ってきたのが「酵素液」だったのです。

「酵素液」酵素ドリンクとの出会い
何でも妹の話だと、一日3食のうち最初は1食分をこの酵素液ドリンクを飲むだけというのです。「そんなんでいいの?」「大丈夫、慣れてきたら2回に増やしたり、3回にしたりすればいいの」とのこと。

それと「この酵素液ドリンクを飲むようになってお肌がツルツルになった」というのです。「お姉ちゃんもダイエットしてたでしょ。でもこの酵素ダイエットは全然違うから試してみたらどう?」との妹の薦めもあって、私もこの酵素液ドリンクの断食ダイエットを始めることにしました。

インターネットで簡単に購入できるということは妹に聞いていましたから、購入には迷うことはありませんでした。ホームページでもっと詳しい情報をみて「これはいいかも」そんな感じで始めたのです。飲んだ感想ですが、飲みやすったですよ。

普通こういったダイエット用の飲み物とか食べ物って低カロリーで味もあまりよくないし、すぐに飽きてしまうものなのですがこれは飲みやすいと思います。特に女性は、まずいものはすぐに飽きてしまって止めてしまう傾向ですからね。

だから、最初に飲んだときは少し安心でしたが、これなら続けられるんじゃないかって。それに、自分のダイエットペースで量を決められるところが良かったですね。普通だと、食事の制限がつく上にこれしか飲んだらダメ、とか食べちゃダメとか多いものです。

そういったことが無かったのも良かったのかもしれません。私は最初に欲を出して1日2回の置き換えダイエットにしました。そしたらなんと、初めて1週間で5キロ近く落ちたのです。あれほど苦労していろんなダイエット方法を試してはダメ、試してはダメだった私の体重がどんどん落ちるようになりそれは驚きでした。

それはそうですよね、あれだけいろんなことを試してもダメだったのに、たった1週間で5キロですからね。それに嬉しいのはこの酵素ダイエット、毎日やらなくてもいいというところです。

こんなダイエット今まで聞いたことも無かったので本当に驚きました。それにダイエットで散々体験してきたストレスを感じずにできることもおすすめできるポイントになります。

これは本当に素晴らしいと思います。飲み始めて1ヶ月ほどで、9キロ落とせたことには正直驚きと嬉しさで、感謝、感謝、感激です。どうして今までこの方法知らなかったと反省しています。

酵素ドリンクダイエットは良いですよ。

一般的な酵素ドリンクは原材料の野菜や果実などをスライスし、それらを砂糖漬けにして発酵させる「糖抽出」によって作られています。イースト×エンザイム ダイエット〈ドリンク〉の植物エキス発酵原液は、砂糖漬けしてないので従来の発酵エキスに比べてヘルシーです。
出典:http://www.mdc.co.jp/

酵素が健康へ導く

野菜には酵素がたくさん入っている

酵素がたっぷり含み野菜

今回は酵素がたっぷりと含まれる「野菜」についてお話します。こちらも果物同様、毎日できれば食べたいものですね。

セロリやレタス、キャベツなどは一級品の野菜で酵素がたっぷりと含まれております。ですが、これらは体を冷やす効果があるので冷やさないように気をつけないといけません(しょうが、ねぎなどは体を温める要素があるので取りいれましょう)。

生の野菜ならサラダとして食べることができるので簡単です。奥さんがいれば用意してくれるけど、独身者だと難しいかな。毎日の食事の中に熱を加えない野菜、サラダなどを食べるように工夫しましょう。

食べ過ぎ、飲み過ぎで体内での消化が忙しくなると、消化酵素が大量に使われます。その分、代謝酵素が減り、疲れやすくなったり、体がむくんだり、風邪をひきやすくなったりします。つまり、生き生きとした体を保つには酵素をムダ使いしない、不足させないことが大切なのです。そのためには暴飲暴食をひかえ、食べるものはよく噛かむこと。そして毎日の食生活から酵素を取ることが必要です。
出典:http://www.mcp-saitama.or.jp

酵素は健康食品からがおすすめ

「酵素」という成分が注目をされはじめて、酵素を健康のために摂ろうという方がたいへん多くなってきました。人間の体にとても必要なもので、無くてはならない役立つ成分なのですが、この酵素は人の体内で作ることができないため外部から摂取するしかないという問題があるのです。

食品の中にも酵素を含むものはたくさんありますが、食品ですと熱に弱いため調理の段階で酵素成分が破壊されてしまうのです。

ですから、簡単に摂れるサプリメントなどの健康食品がおすすめされているのです。その種類には、飲みやすい飲料タイプやタブレットタイプなどが豊富にありますから選び放題です。

健康のために酵素を摂る習慣をつけましょう。

酵素は健康とダイエットに効果的

酵素は健康とダイエットに良い
「酵素」を摂ることでダイエットにもなります。消化酵素が活発になって、体内の部位(胃や腸など)に負担がかからないようになるのです。

便秘にもならないようになるし、代謝も上がりきれいに体重が減るようになるのです。酵素が体にかかる負担をやわらげる効果を発揮するので、ダイエット効果をサポートしてくれるのです。

最近流行の「酵素ドリンク」は置き換え方法ですが、酵素のパワーがはっきりとわかっているから置き換えを強く押していることなのでしょう。健康とダイエット効果のためにも積極的に飲んでもいいと思います。

酵素ってホントにスゴイものなのです。

酵素ドリンクって何?

酵素ドリンクとは、野菜や果物などから厳選された天然素材で作られた「酵素液」のことです。そして濃縮された酵素がたっぷり入っています。この酵素を培養するには砂糖が必要ですが、酵素ドリンクは黒糖などを使用して酵素を培養しているのです。

この黒砂糖にはビタミンやミネラル、酵素も豊富に含まれており、より効果が高く栄養価の優れた酵素飲料になるのです。酵素ドリンクによる断食ダイエット方法は、バランスの取れた栄養価を持つ酵素液を使って行うので一般の無理な断食ダイエットと違い、健康や美容を損なうことなくキレイに痩せることが出来ると言われています。

また、このように栄養価が高くバランスが良いので、ダイエットの障害になる肌荒れや体調不良など、副作用の心配も無いのが大きな特徴なのです。また、その他の効果として、便秘や乾燥肌などの解消効果もあります。

このようにダイエットとその他のプラス効果で美しくキレイに痩せることが出来るということなのです。

河内白麹菌の天然酵素を壊すことなくそのまま抽出。さらに酵母の発酵による豊富なアミノ酸を加えて「麹の華」は完成しました。麹のもつ不思議な健康パワーで、毎日イキイキ元気に。
出典:https://www.kawauchi.co.jp/